信託保全の有無は重要か?

信託保全という言葉を聞いたことはありますでしょうか?これは国内の投資会社を規制する内容で、トレーダーを守るための規制なのです。

投資会社は投資がうまくいかずに倒産することもあります。
そんな時、会社の資金を持ち逃げしてしまうことも可能なわけです。

それを規制するのが信託保全。
トレーダーから預かった資金を保全するということなのです。

海外FXには効かない信託保全

この信託保全は日本の投資家を守るための規制ですが、当然のことながら、海外FXにはこの信託保全は効きません。
もし海外FX業者が倒産した場合には、最悪の場合、預けた資金がすべてなくなる可能性があるのです。

海外FXはレバレッジ規制がないなどのメリットがある分、信託保全などの保障が無いことを十分理解して始めるのがいいでしょう。
自己防衛策としては過剰な信頼をして多くの資金を預けすぎないようにすることがあげられます。

それでもメリットのある海外X

信託保全がないとは言え、それでも海外FXが人気なのは余りあるメリットのおかげと言えます。
レバレッジもそうですが、キャンペーンによるボーナスなども強い味方でしょう。

リスクヘッジをして過剰に資金を預け過ぎなければ、そのメリットを十二分に引き出せるというのは知っておいて損はないと思います。