海外と国内の評価まとめ

海外BOと国内BO、どっちも特徴ある取引内容で、なかなかに選ぶ人が分かれています。賛否両論の海外BOと国内BOの意見をまとめてみましたのでぜひご参考にしてみてください!

海外BO派と国内BO派の意見

海外BO派

「儲けたいなら確実に海外BO。国内で規制になってしまった倍率方式なら、利益も確実に見込めるし、リターンが厚い。」

「元々国内のBOは投資センスがずば抜けてないと勝てないことが多かったから、海外BOの方に流れてました。国内の方に規制がかかったのを知って国内BOにはまだ手を出していません。」

「海外BOは下調べが必要だけども、当たるとでかいよね。大手の海外BOも全然良いんだけど、新規の海外業者探しも一発狙いでずっと続けてる。」

国内BO派

「きちんとした規制を受けてもまだBOがあるってことは、BOも投資性の高い商品として受け入れられているってこと。安心だね。」

「前より玄人寄りの金融商品になって、投資家が稼ぎやすい環境になったらしい。国内のBOはこれからだ。」

「センスあれば確実に利益を積み重ねられて、リスクも短期で消滅、一回一回を丁寧にやる自分にとっては国内BOの方式が馴染む。」

国内BO、海外BOどちらも良い

賛否両論で、リターンとリスクの関係で評価が分かれる感じになってますね。

特に数年前のBOに関する規制で、明確に取引の好き嫌いで海外派と国内派に分かれた印象です。

どんなカタチで利益をあげたいか、これが一番BOを選ぶ上で重要な指標となっているんですね。

あなたは海外BOで一攫千金、国内BOでコツコツ投資、どっち派でしょうか?